life is short the word is great

ソウルに住んでます。面白いと思ったことを雑多に書いてます。

「10戸」の発音

実家が鹿児島なんですが、台風10号が心配で、時折ネットでNHKニュースを見てます。
同サイトでは、台風情報のTVニュースを配信してます。
今朝、台風情報の放送を観てたら、え?と気になることが。
アナウンサーが「約…70戸」のような停電中の世帯数を述べる際に、下二桁を「ななじっこ」と発音してました。
「10戸」って「じゅっこ」じゃないの??
ネット検索したら(10戸」ではなく「10個」の発音ですが)、元々は「じっこ」と発音するそうです。


f:id:byronko:20200906123921j:plain
水(台風)に対抗して、火(焚き木)の写真をば!

ウィクショナリーによると、十という数字が伝来された時「ジップ」みたいな発音だったが、日本語に【-p】の音がないため、「ジフ」として受け入れられたそう。
「十」の次の単語が子音で始まると、「ジフ」が「ジッ」と発音されたとのこと。
例: 十本(じっぽん)
ja.m.wiktionary.org


f:id:byronko:20200906123925j:plain

韓国語の数字の読み方も、日本語みたいに、漢語と伝統的な韓国語読みがあります。
韓国語の十は、「シップ」(漢語)と「ヨル」(伝統的韓国語)。
「シップ(싶)」の発音は、英語のshipのpを破裂させる前で止めるような音です。

日本に十が伝来された時、ジップみたいな発音だったそうですが、韓国語のほうがオリジナルに近い音が残ってます。

韓国語を学んでいて、日本語に似た発音も時々出てきます。
でも、漢語由来だと、中国語に似た発音のほうが多いです。
印欧語族に似た発音や表現があるように、アジアの言語もお互いに影響を受け合ってるのだなと感じます。


にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ