life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

1949-全鴨季(イージョウスージョウ・チュエンヤージー)


英語でDuck de Chineと呼ばれる、北京ダックのお店。



そら豆。



エリンギのフライ。



ほうれん草。
黒いのは発酵させたニンニクで、意外に甘い。



自家製の北京ダック・ソース。



店員さんが他のソースと混ぜて、マーブル模様に。



予約してた北京ダック1羽を、目の前でさばいてくれます。



鴨スープ。(別料金)



デザートの楊枝甘露。
マンゴースープにポメロ(ブンタン)&タピオカが入っていて、爽やか。
赤ワイン、スパークリングウォーター、追加の北京ダックの皮も注文して、お会計は1200元以上。
3人で食事したから、高めだと思います。



「1949-全鴨季」の入っている敷地には、他にもいろんなレストランが。



敷地の入り口。



ブルワリー「京A」もありました。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村