life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

一碗居(イーワンジュ)

「一碗居」農展館店でランチ。



老北京炸醤麺(北京の伝統的ジャージャー麺)が食べられます。



正午を過ぎると、あっという間にお客でいっぱいになりました。



モロキューっぽいけど、味噌の中には油がタップリ。



「羊油麻豆腐」。
一緒にランチに行った友達が、北京料理だと教えてくれました。
主な材料は、発酵させた緑豆のおから。
羊脂で焼いていますが、羊臭くなくて、ラムが苦手な私でも食べられました。



「灌腸」も、伝統的な北京の軽食だそうです。
肉は入っていない、デンプンのソーセージ。
というか、ソーセージに見立てた、厚切りデンプン・チップス。
生ニンニクを水にひたしたタレ(写真右)に付けて、食べます。
シンプルなんだけど、意外に後を引く…。
私の中で、本日のヒット!
でも、今、口の中が超ガーリッキー。



メインのジャージャー麺…



「肉丁炸醤麺」です。
横の味噌ダレが、モロキューの味噌と似たような感じ。
というか、同じものだな。
台湾や香港で食べたジャージャー麺とくらべると、素朴なお味。



入り口近くに、北京の18種の「澆頭麺」なるもの(何だろう?)が紹介されてました。



入り口にいた、つがいになってる2羽は、ほっぺたがオレンジ。



内装が北京っぽいですが、鳥を愛でるのも、北京っぽい雰囲気を出してます。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ