life is short the word is great

ソウルに住んでます。面白いと思ったことを雑多に書いてます。

アラリオミュージアム塔洞シネマ

チェジュ市のArario Museumへ。
「塔洞シネマ」「東門モーテル1」「東門モーテル2」の3ヶ所がありますが、時間がなくて「塔洞シネマ」のみ見学。大人15kウォン。


f:id:byronko:20211031190641j:plain
1階に日本人アーティスト、名和晃平の作品が。


f:id:byronko:20211031190737j:plain
ガラスの下は鹿の剥製。ギョッ。


f:id:byronko:20211031183936j:plain
階段で2階へ向かうと、監視員がスッゲーくつろいでいる。
(正しい順路は「1階→エレベーターで最上階→階段で降りる→最後は地下」かも知れない。)
と思ったら、アメリカ人アーティスト、Duane Hansonの作品でした。
肌の質感も人間っぽくて驚きました。


f:id:byronko:20211031183945j:plain
キース・ヘリング。


f:id:byronko:20211031183942j:plain
アンディ・ウォーホル。


f:id:byronko:20211101065640j:plain
インド人アーティスト、Subodh Guptaの作品。
タイトルは、What does the vessel contain, that the river does not(船が運ぶ、川には含まれないもの)。


f:id:byronko:20211031183939j:plain
韓国人アーティスト、Inbai Kimの作品。
3人がみんな顔なしというわけではない。


f:id:byronko:20211031191609j:plain
中国人アーティスト、Zhang Huanの「家系図」。
顔に先祖の名前を1人ずつ書いていったら、最後には顔が真っ黒に。


f:id:byronko:20211031192046j:plain
日本人アーティスト、清川あさみの作品。
窓から見てわかるように、「アラリオミュージアム洞シネマ」は海のそばの美術館。
元々は映画館だった建物で、建物自体がアートのよう。


にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ