読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

life is short the word is great

北京の生活で思うことなどを書き留めています。

羲和雅苑烤鴨坊(シーハーヤーユエン・カオヤーファン)

アメリカからお客さんが来たので、北京ダックのお店へ。



ウェスティンホテルの隣にある店舗。



羲和雅苑の看板料理、「獅子頭」。
中国的ミートボール。



四角豆とトマト。
お客さんが「これのどこが豆なの?」と不思議がってたので、切る前の状態の写真をネットで探して見せたら、すごく納得してました。



「娃娃菜」は、ベビー白菜。
普通の白菜より柔らかく、優しい甘みがあり、中国で好きな野菜の1つです。



敷き詰められたパクチーの上には、ラム肉。
あまり臭みがなくて、私でも食べれた(けど、少しだけ)。



北京ダック登場!
目の前で、1羽をカービングしてくれます。



手さばきが早すぎて、写真におさめられません。



北京ダックの皮と薬味。



北京ダック。
1番左は、クリスピーなのにジュワ〜っとする部位。
パチパチする砂糖、またはブルーベリーソースを付けて食べます。
(その横には、ダックの頭が…。)
中央は、マスタードで。
1番右は、皮の上にネギ、キュウリ、タレを一緒に乗せて。
北京ダックの皮を見て、アメリカ人が「トルティーヤだね!」と言ってました。笑


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村