life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

香滿楼酒家(シアンマンロウ・ジオウジアー)

香滿楼酒家の新源店で、ランチ(春節前の忘年会)しました。
中国人しかいない様子。

f:id:byronko:20150212223730j:plain


メニューの日本語が、ツッコミどころ満載です。

f:id:byronko:20150212223747j:plain
中国語:「杏仁霜豆腐」 → 日本語:「杏仁焼き豆腐」(焼いてあるのも食べてみたい。)


f:id:byronko:20150212223851j:plain
「沈師傳鷄蛋干」 →「潘師匠卵をやる」(意味だけじゃなく、師匠の名前すら違う…!)


f:id:byronko:20150212223909j:plain
「山芽芽手剥笋」 →「山芽芽は竹の子を手でむく」(なんか可愛い。)


我々のメインディッシュは、北京ダック!

f:id:byronko:20150212223953j:plain
すみっこに座ったせいか、テーブルのそばで北京ダックを切るパフォーマンスは見れませんでした。残念。


f:id:byronko:20150212224009j:plain
部屋の中央で、北京ダックをカービングする人。


f:id:byronko:20150212224025j:plain
北京ダックの骨とその周りの肉を揚げたもの。
香ばしかったです。


f:id:byronko:20150212224035j:plain
グルメな友達が注文してくれた「脆皮炸鮮奶」というデザート。
カスタードが中に入っていますが、そんなに甘くありません。
練乳を付けて食べます。


f:id:byronko:20150212225254j:plain
他に、たけのこ、辛くない青唐辛子、豆苗みたいな野菜などを注文して、5人で438元でした。
コスパ、良すぎ!


☆ 中国コークのメッセージ・コーナー

f:id:byronko:20150212224334j:plain
I believe in tomorrow.