life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

表叔茶餐庁(ビァオシュー・チャーツァンティン)

「茶餐庁」は、香港のB級カフェレストラン(食堂)のこと。



「表叔」は「祖父の姉妹の息子」など家族を表す言葉ですが、香港のスラングで「中国大陸の人」という意味らしい。
じゃあ、この店名は「大陸おじさん食堂」…?



香港と言えば、ミルクティー。
本場の味です!(←ミルクティーなのに、なぜか塩味を感じるところが。)
私は、ホットで。



主人は、アイスで。
アイスのほうが、甘い。



海老ワンタン麺。
お碗の大きさが、香港の2倍ぐらい。
スープと麺は、香港で食べるのと同じぐらい美味しい。
ワンタンは普通。



主人のフィッシュボール・ヌードル。
フィッシュボールが少し魚臭くて、固くて、改善の余地あり。



「焼味双拼」は、焼きガチョウ(写真上)と焼き豚(下)。
焼きガチョウは、脂がたっぷりでヘビーな食感。
1つ食べて、ギブ。→ 残りは、脂が得意な主人へ。
焼き豚は、「叉焼(チャーシュー)」です(が、日本のラーメンに入ってる叉焼とは少し異なります)。
より脂が少なかったので、食べれました。



メニューが豊富なお店だけど、当たり外れも豊富だったりして。
飲茶系の料理もありました。
店内は、香港のポップさが表れているデコレーション。
(香港の茶餐庁は、こんなにきれいではありません。)
亮馬橋外交辨公大楼(官舎南区)地下1階にあります。



開店したばかりだからか、お土産をいただきました。
永遠のヒーロー、ブルース・リー!
スティックコーヒーが入ってます。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村