life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

非武装地帯&板門店ツアー

非武装地帯(DMZ)は、韓国と北朝鮮が1953年に休戦した時に作られた地域。



南北統一を目指して、2002年に建設された「都羅山(ドラサン)駅」。



現在は使用されていませんが、チケットを購入すれば、プラットホームを見学できます。



「都羅(ドラ)展望台」。
双眼鏡に500ウォンコインを入れると、北朝鮮を眺めることができます。
ぽつりぽつり、白っぽい建物が点在してました。



韓国を侵略するため、北朝鮮がこっそり掘っていた「第3トンネル」。撮影不可。
トロッコみたいなのに乗って、地下へ降り、トンネルの中を歩きました。
ヘルメットを被ってたんですが、天井が低いんで、油断すると頭をぶつけます。イテッ! (← ウソ。ヘルメットのおかげで痛くない。)



板門店(パンムンジョム)の共同警備区域。
写真の前方が韓国、後方が北朝鮮。
撮影OKで(正面だけ)、ビックリ。



「軍事停戦委員会 本会議場」の中に入りました。



テーブルの半分が北朝鮮、半分が韓国の領土。



外を見ると、軍事分界線がはっきり。
右が北朝鮮、左が韓国。
同じ民族なのに、別々の国になり、自由に行き来できなくなった悲しい歴史が学べます。



ツアーに付いていたランチは、焼肉(ブルゴギ)。
家庭的なお味で、いやされました。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村