life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

大紅袍

友達とラーメンを食べに行った帰り、ふと立ち寄ったお茶屋さん。
喫茶店かと思ったら、お茶の販売店でした。


f:id:byronko:20150402193658j:plain
鳳凰単叢(フォンフアン・ダンツォン)と大紅袍(ダーホンパオ)を試飲させてもらいました。
新茶の鳳凰単叢は、花の香りが優雅です。
大紅袍は、ほうじ茶を思い出すような色と風味。
「お客さんが来る時は、前者。1人で飲む時は、後者がオススメです」と店員さんが言ってました。
胃腸にも優しそうだし、ホッとしたい時に良さそうな大紅袍を買いました。


f:id:byronko:20150402193727j:plain
50gで200元だから、安くはないなぁ。
「大紅袍」は、ウーロン茶(青茶)の1種で、中国の十大銘茶の1つ。
店員さんが「10g、おまけしますね」と言ってたと思うんですが、自宅に戻って確認したら、20gも多めに入ってた。大サービス!?


f:id:byronko:20150402193749j:plain
お茶屋さんにあった飾り。
真ん中は、お金をくわえたカエル。
外出する時には外向きにして、帰宅したら、家の中に向けるとお金が入ってくるというジンクスがあるそうです。
店員さんに、右の動物は何なのかと聞いたら、竜の子供の1人(1頭?)とのこと。
中国の神話では、竜に9人の子供がいるそうです。
左のウサギさんも、幸運のシンボルなのかな。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ