life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

Raffles Beijing Hotel(北京飯店莱福士)

友達が、ラッフルズ北京ホテルに連れていってくれました。
が、その前に、ゲテモノで有名な「小吃街(シアオチージエ)」を見学。

f:id:byronko:20141219231521j:plain
ヒトデ、トカゲ、セミは食べずに、北京の伝統菓子やお土産をチェックアウト。

f:id:byronko:20141219231536j:plain
お兄さん、ショウガ飴を作成中。

f:id:byronko:20141219231612j:plain
友達の1人は、出来立てのを買ってました。

f:id:byronko:20141219231628j:plain

私は、隣で売っていた「糖耳朶(タンアードゥオ)」を購入。

f:id:byronko:20141219231651j:plain
「甘い耳たぶ」って名前で、めっちゃ甘そう。
明日のおやつにします。ふふふ。

f:id:byronko:20141219231707j:plain
そして、ラッフルズ北京ホテルのカフェへ。

f:id:byronko:20141219231725j:plain
小吃街の後だったので、別世界!って感じでした。

f:id:byronko:20141219231813j:plain
こういう人(孫悟空)は、いません。

f:id:byronko:20141219231814j:plain
ハンバーガーとプーアル茶(+サービス料)で、230元。
おいしかったのですが、ハンバーガーとプーアル茶はミスマッチ。

f:id:byronko:20141219231830j:plain
アンティークのシャンデリアが美しい。
昔、この場所は宴会場だったそうで、国家主席などVIPのパーティのモノクロ写真が飾られてました。