life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

選択肢

横石知二著『生涯現役社会のつくり方』(SBクリエイティブ 2009)を読みました。



読んでいて嬉しくなる、爽快な本です。
イキイキと仕事するおばあちゃんのお話に、勇気づけられます。
著者の地域愛とおばあちゃん愛を強く感じました。
エンパワメントには、やっぱり愛が必要。



いくつになっても「夢の種をまく」のが大切、と著者は強調します。
高齢者になると、選択肢が極端に減る(なくなる?)と思ってしまいますが、アイディア次第。
昔話に花を咲かせる時じゃなく、未来に希望を持つ時に、選択肢が増えます。
(それは、おばあちゃんだけでなく、若者も一緒。)
ただ、可能性の広がりは、人との繋がりがあってこそ。
学ばせてもらうこと、助け合い、感謝の気持ちなどを忘れずに生きていけば、いくつになっても素敵な選択肢にめぐりあえるような気がします。



特別お題「『選択』と『年齢』」

Sponsored by SK-II


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村