life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

ギャラリーで素敵なノートを見つけました。

IMPOSSIBLEの展示を見に、亮馬橋のアートギャラリー「官舎 會空間」へ。



ポラロイド社が2008年にインスタント・フィルムの製造を停止しましたが、IMPOSSIBLEが、インスタント・フィルムを復活させました。
展示はすごく小さいので、期待して行くとガッカリします。(← 私ね。)
ちなみに、インスタントカメラ"IMPOSSIBLE I-1"が、2000元強で売ってました。



他にも複数の展示をやってました。
「假装浪漫」という作品展では、荒木経惟さんの作品が。



ギャラリーの外では、自閉症の子どもの作品展が。
作品を購入すると、「藍気球行動」というチャリティに寄付されるようです。



「一家人」(一家族)。



「講衛生的猫」(衛生を語るネコ)。
上記の展示は全て、9/20まで開催。



ギャラリーで販売していたノートが、気になりました。
お店の方が変色しない紙だと言っていて、触ってみても上質紙だとわかります。



ノートのタイトルは「野食」。
これは…ナチュラリストとしては、買うしか…!



買いました〜。
写真左の「野食」は、1冊116元。
右の「本草雲藍」は紙袋に入っていて、実際はシックな赤色のノート(128元)。
薬として使われる植物が、挿絵になってます。
せっかく北京に住んでいるので、中国っぽくて素敵なものをいろいろ見つけたいなぁ。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村