life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

フランスの田舎に泊まってみた。


Château de Chambiersは、昔、荘園領主の別荘(ハンティングハウス)でした。
フランス北西部、Durtalにあります。



今は、宿泊施設、結婚式などのイベント会場です。



敷地が広く、緑が豊富。



部屋はきしみがスゴく、上階の足音がバリバリ聞こえます。
古い建物の面倒くささがありますが、アンティークの魅力は否定できない。



シャトーを買い取った家族の4代目が、現オーナーの旦那様。
実際に家族が生活していたので、温かみを感じます。



夕食は、オーナー手作りの家庭料理。
ズッキーニのテリーヌ。
敷地で採れたズッキーニは、少し苦味があって、卵と合います。



ポーク。
タイム、ローズマリーや薄切りレモンが、爽やか。
黒っぽいのは、シャントレルきのこ。



ラタトゥイユ。



カマンベールなど、チーズ3種。
(他のチーズは名前が覚えられなかった。わはは。)
オレンジ色のハードチーズは、36ヶ月、洞窟で寝かせたもので、深みがあり、ちょっとパルメザンっぽかった。


f:id:byronko:20150622192802j:plain
敷地で採れたイチジクを使ったタルト。



オーナーとお孫さん。
素敵なおもてなし、ありがとうございます☆


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村