life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

外国人率100%だけど、ローカルな北京料理が食べられるお店

真珠だけでなく、ナンチャッテが売られていることでも有名な紅橋市場(パールマーケット)。
そのはす向かいにある「泉興居餐庁(チュエンシンジュ・ツァンティン)」。
源氏名は、Brown Door! なぜに?

f:id:byronko:20141114163056j:plain
って、木陰で隠れて、見えませぬ。

お箸とお手拭きの入ったパッケージ。
f:id:byronko:20141114163136j:plain

ポテトのフライ、「香辣土豆絲(シアンラー・トゥードウスー)」を注文。
f:id:byronko:20141114163312j:plain

Leaning Tower of Beijing.
f:id:byronko:20141114163351j:plain

「京醤肉絲(ジンジアン・ロウスー)」。
味噌とからめた豚肉と(下敷きになって見えませんが)生のネギを、豆腐の皮で包んで食べます。
f:id:byronko:20141114163509j:plain

うまし!
日本人が好きな味だと思います。
メニューは超ローカルだけど、外国人しかいませんでした。
私のような北京ビギナーや観光客が、注文しやすい雰囲気。

紅橋市場では、真珠を売っているメインの建物には入らず、玩具や文房具などのビルを見学。
このバッグを、50元で買いました。
f:id:byronko:20141114163602j:plain