life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

媽媽聴我説

我が家で観られる日本語のチャンネルは、NHKワールドのみです。
いくら唯一の日本語放送とは言え、日本で「しゃべくり007」や「有吉反省会」を観て大喜びしていた私としては、NHKワールドはイノセントすぎて、あまり魅力を感じません。
HBO、DivaやStar Moviesといったチャンネルや
勉強になるかな?と、たまに中国語放送も観たり(流しているだけ)しています。
しかし、最近好きな中国語の番組ができました。
f:id:byronko:20140814175718j:plain
BTV-1(北京の衛星放送)の「媽媽聴我説(mom, listen to me)」です。
ゲストの子供が母親への不満を言い、20人のジャッジ役の子供たちがこの母親はダメかどうか投票します。
母親がジャッジの質問に答えた後に、ジャッジたちは再投票して、子供の不満が正当であるとみなされると、母親はシークレットルームに行き、司会者に説教されます。
f:id:byronko:20140814175655j:plain
とにかく、司会者(写真の人)のコメントが素晴らしい。
面白いけれども、礼儀正しく、時には辛辣に的を得たコメントをします。
私の中国語は大したことはないので、字幕でなんとか内容を理解していますが、
時々感動して目頭が熱くなることがあります。
家族愛を感じさせる番組です。
日曜夜9時08分〜10時46分(半端な時間帯です。)にBTV-1で絶賛放送中。
土曜日の午前中に再放送もあります。