life is short the word is great

アメリカに住んでます。しばらくしたら、別の国に行きます。

アーリントン国立墓地 その2


1番古いお墓は、南北戦争の頃のもの。



ユニークな形のお墓。



少し離れたところに、南北戦争の無名戦士の記念碑(Civil War Unknown Monument)が、ささやかに建っています。



無名軍人の墓(Tomb of the Unknowns)のエリアには、天候にかかわらず、24時間、衛兵がいます。

衛兵は、「21歩」黒いマットの上を直進して、「21秒間」東を向きます。
そして、「21秒間」北を向き、「21歩で」元の位置に戻ります。
衛兵の交代は1時間おきで、交代の時間が来るまで、このルーティンを続けるそう。
「21」というのは、最高ランクの軍人をとむらう時に撃つ、21回の礼砲にちなみます。
つまり、無名の死者に最高の敬意を払っているということになります。


アーリントン国立墓地は、大規模。
暑さと疲れで、全ては見れませんでしたが、緑が多く、きれいな場所だと思いました。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村