life is short the word is great

ソウルに住んでます。面白いと思ったことを雑多に書いてます。

ペット(猫)を北京から出国させる方法 ③

6月11日、健康証明書と出国許可証をもらいに、中国税関サテライトオフィス(観賞動物医院の2階)へ。



健康証明書。
週末をはさみ、申請→受け取りに4日かかりました。
発行日(6/8)から14日間有効です。

出国許可証のほうは、4月20日から、サテライトオフィスで発行しなくなったそう。(←最新情報!)
その代わり、電子データが空港に送られるので、出国日に空港で健康証明書を見せればOK、とのこと。
(確認しなかったんだけど、空港のどこだろう?)


気になった点:
① 北京の場合、健康診断など一連の手続きは、観賞動物医院でのみ可能。
事前にネットで調べたら、現金しか受け付けず、約1200元かかるとのこと。
メスネコを診てもらった時、合計で806元、支払いました。
最近ルールが変わり、出国許可証が発行されなかったから、安かったのかな??

② メスネコの白血球が少なかったので、白血球を増やす注射を打たれそうになりました。
出国のリスクを受け入れます、という証明書にサインして、注射を避けました。
あとで、かかりつけの獣医さんに聞いたら、「老猫だから白血球が少ない。心配しなくて良い」と言われました。


最後に:
① 出国させる手続きも重要ですが、入国させる国の規制も同じくらい重要です。
国によってルールが異なるので、必ずご確認ください。
(特に、狂犬病のない日本は厳しくて、約8ヶ月前?から準備しないといけません。)

② 航空会社によって、ペットを乗せる規制が異なります。
(7月〜8月は乗せられないとか。)
航空会社のルールも、ぜひご確認ください。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村