life is short the word is great

ソウルに住んでます。面白いと思ったことを雑多に書いてます。

中国鉄道博物館(ジョングオ・ティエダオ・ブオーウーグアン)

北京には、2つの「中国鉄道博物館」があります。
1つは、東五環にある「東郊館」。
もう1つは、前門にある「正陽門館」。



前門の「正陽門館」へ行きました。
大人の入場料は、20元。



元々は、中国最古の鉄道「京奉鉄路」の「正陽門東」駅です。



入場すると、蒸気機関車「中国ロケット号」のレプリカが迎えてくれます。
1881年に開通した鉄道で、時速32kmで走ってたそう。
輝く龍が、チャームポイント。



中国鉄道の父、詹天佑(せんてんゆう: Jeme Tien Yow)。



今は昔。このエンブレムを付けた列車が、あり・をり・はべり・いまそかり。



1990年代に北京駅で使用された、大時計の針。



2階には、中国高速鉄道の車両「和諧号」のシミュレーション(10元)が。
乗りたかったけど、12時台は、やってませんでした。
ランチタイムですね。



展示は、地下1階〜地上3階まで。
1階で上映されているビデオが、一見の価値あり。
(個人的には、展示の中で1番おもしろかったです。)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村