life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

墨瑞餐堂(モールイ・ツァンタン)


Les Morillesというフレンチビストロ。
「大衆点評」のレビューがすごく良いので、行ってみました。



サービスのパン。



トマト、モッツァレラチーズ、ナッツ入りのサラダ。59元。



アミガサタケのリゾット。79元。
濃厚です。
このレストランの名前「モリーユ(Morilles)」は、アミガサタケのこと。まさに看板料理。



「亮馬河」と名付けられた1品。129元。
ホタテの貝柱が1個しかない!
こんなに高いホタテ、初めて。汗
青リンゴやラディッシュが散りばめられてます。



アンガスビーフのショートリブ。178元。
お肉が柔らかいです。
マッシュポテトは粘りがあって、好きな食感。
お料理は全般的に高額で(しかも少量で)すが、このショートリブとアミガサタケのリゾットは、金額に負けてません。
しかし、ホタテは、コスパ悪すぎ…。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村