life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

久々の小説は、読み進めるのが難しかった。

姫野カオルコ著『謎の毒親』(新潮社 2015)を読みました。
(写真左は、その前に読んだ本。)



『謎の毒親』の前半を読み終わってから、ようやく面白くなってきました。
実話に基づくフィクションで、屈折した家族の話。
タブーにも触れてます。
私の実家にも不条理な事柄があったので、共感できましたが、後味は良くありません。
過去を思い出すと、楽しくないことばかり思い出します。楽しいこともあったはずなのに。
数年前まで、思い出しては悲しんでいました。
今は、変えられる現在と未来だけを気にするよう心がけてます。
(母も、今が1番幸せそう。たまにしか会わないけど。)



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村