読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

life is short the word is great

北京の生活で思うことなどを書き留めています。

水岸中餐庁(シュェイアン・ジョンツァンティン)

Astor Hotel(天津利順徳大飯店)2階の中華レストランへ。



本館のロビーの中央には、チャイナな飾りが。



ロビーの左側の階段を登ります。



階段から写したロビー。
写真では分かりにくいかも知れませんが、気品があります。



ベビーきゅうりの冷菜。
黒オリーブ、紫の花びらが乗ってます。
生のベビーきゅうりなので、シャキシャキ。



茶樹きのこ、牛肉、スナップエンドウの炒め物。



烏骨鶏のスープ。
貝柱も入っていて、味わい深い。



調理されたトマトの上に、アワビが乗ってます。
なぜかトマトケチャップを思い出す味。



ウェイトレスさん達が、携帯電話をいじってたり、お客の「お水ください」というリクエストが来るまで、持って行かなかったりで、サービスはイマイチ。
お味と金額は、五つ星ホテルのレストラン!という感じでした。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村