読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

life is short the word is great

北京の生活で思うことなどを書き留めています。

大切にしたくなるような服

国内外の市場で、作りが甘い、というか、素材が良くないというか、長持ちしない服が増えた気がします。
以前、友達も「同じブランドの服なのに、数年前と今では、質が違う」と言ってました。
ファストファッションの弊害かも知れません。
価格競争のため、品質を落とさざるを得ない商品もあるでしょう。
次から次に買い換えるんだったら、長持ちしなくても良いわけですし。



一時期、私は、ミニマリストを謳いながら、服を買って、古着を捨てるのを繰り返してました。
時々、寄付したり。
(でも、人のために考えて準備するんじゃなく、自分がいらないから寄付するというのは、捨てるのと同じメンタリティかも。)



今では、できるだけ捨てずに大切に使うのがベスト、と思うようになりました。
環境や人権に配慮したモノを買うのが理想的ですが、高額すぎたり、素材・生地・衣類がどこでどのように作られているのか、よく分からなかったり。
少なくとも、買いすぎない、いらないモノは買わない、質の良いモノを買う、ということに留意したいです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村