読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

GDP(国内総生産)の話

最近、妙に忙しくて、週1冊の読書をなんとかキープしてる状態っす。
近々、図書館に行かねば。
そういえば、北京日本倶楽部にも図書館があると聞きました。
いつか見学してみようかな。
(利用するには、会員になる必要があります。図書室について | 北京日本倶楽部



先週、上条勇著『日本を貧しくしないための経済学』を読みました。
いろいろと考えさせられる箇所がありましたが、GDPの話をちょっとご紹介します。


① GDPは、財・サービスを価格で統計して計算。→ 原則として、市場で取引される財・サービスのこと。

② 家庭の主婦の料理サービスは、GDPに含まれない。
レストランの料理サービスは、GDPに含まれる。
→ 主婦が家庭で料理をやめて、家族で外食すればするほど、GDPが増加。

③ 泥棒は、弁護士、警備保障などのサービス、金庫、鍵、警報装備などの財を生む。
→ 泥棒ががんばると、GDPが増加。

④ 企業が自然を破壊して財を生産すればするほど、GDPが増加。


GDPが増えれば豊かな生活になる、と単純には言えませんね…。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村