読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

life is short the word is great

北京の生活で思うことなどを書き留めています。

松鶴楼(ソンハーロウ)

外食・中食

清の時代、乾隆(けんりゅう)帝がお忍びで蘇州に行った時、「松鶴楼」に現れたそうです。



すっごい歴史のあるレストランなんですね!



双井店をチェックアウト。



レンコンの中にご飯が入っていて、甘い味付けが、蘇州っぽい。
黄色いのは、キンモクセイのお花。



乾隆に振る舞われた料理。(看板料理。)
赤いなぁ。
甘酸っぱいソースです。
乾隆のために鯉で作られましたが、現在は、さらに肉質がよく、骨の少ない「桂魚」で作られています。



「生煎包」は、肉汁がジューシー。
こちらも看板料理。



やさしいミートボール、「獅子頭」。



シンプルな野菜料理は、ホッとします。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村