life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

王府井書店(ワンフージン・シューディエン)

1度も行ったことがないので、行ってみました。



北京で1番有名な書店。



1階には、建国ファーザーズの写真が飾られています。
左から、毛沢東、周恩来、鄧小平、孫文。



中国共産党の本はもちろんのこと、マルクス&エンゲルス、レーニン、スターリンの本も充実…。
雑誌は、芸術関係のフロア(4階?)に隠れるように地味に置いてありました。
中国の本は安いんですが、ファッション雑誌は10元〜20元(日本円が弱い今は、170円〜350円ぐらい)のようです。
日本雑誌のsweetと提携してる『瑞麗』、中国版ELLEなどが売ってました。
「ファッション雑誌を買って、中国語を勉強しようかな!」と一瞬思ったけど、きっと読まないだろう…という結論に。ははは〜。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村