life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

Eメールでオレオレ詐欺?

先月、外国人の知人からEメールが来ました。



内容は、「トルコ旅行で強盗に遭い、所持品全てを盗まれた。
銀行に電話してカードを使用できないようにし、警察にも通報した。
大使館で書類を準備してもらっているが、ホテル代と航空券代を払わなければ、帰国できない。
そのため緊急にお金が必要。
もし協力してもらえるなら、帰国後すぐに返金します。
このメールに返信してくだされば、私への送金方法をお伝えします。」
…というものです。



メールと電話でしか、やりとりしたことのない知人でしたが、ちゃんと彼女のメアドからのメッセージ。
でも、このメッセージは本物?
「少しケガをしたけど、生きてるのが不幸中の幸い」なんて書いてあるし、事実だったら協力したい。
どうしよう!と思い、主人に相談したら、「ニセモノでしょ」とあっさり。
第一、そんなことが起こったら、家族に相談するはず。
第二に、カード会社(銀行)に連絡したのなら、緊急のお金を貸してくれるはず。
第三に、緊急と言っておきながら、送金方法をメールに載せていない。
…というのが主人の考え。
フム。多数の人にメールが送信されてたし、様子を見ることにしました。



約1週間後に、本人から「私が送ったメールじゃないから、送金しないでください」というメッセージが。
やはり、オレオレ詐欺でした。
今回は英語でしたが、日本語でもありうるかも。
似たようなメッセージにご注意くださいませ。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村