life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

Tavolaとイタリア美食ツアー

亮馬橋外交公寓会所のイタリアンレストラン、Tavola。



「イタリア美食ツアー 第3の駅: ロンバルディア」なるセットメニューがありました。
(ということは、その前に第1の駅メニュー、第2の駅メニューが出てたのね。)
面白そうだったので、主人と注文してみました。



ポレンタ(トウモロコシ粉のおかゆ)がローストして固めてあって、その上にタラのフライ。
白豆、マッシュポテト、サラダ添え。



フォアグラをはさんでいるのは、2つのかぼちゃの餃子(パスタと呼ぶべき?)。
フォアグラは甘い食材と食べると美味しさが増すので、かぼちゃとの相性が良いです。



オッソブーコ(子牛スネ肉の煮込み)。
ロンバルディア州と州都ミラノの伝統料理だそう。



ズームイン。
ローズマリーが挿してあるところは、骨髄。
骨髄も食べます。
というか、この料理で1番おいしい部位らしい。
良質のバターのような食感。
でも、私は慣れてないので、少しだけ食べて、残りを主人にあげました。
骨髄って脂肪の塊だけど、コラーゲンが豊富で、細胞再生をうながしたりして、すごく体に良いそうです。



デザート。
クレープの中に、苺&マスカルポーネ・チーズのクリーム。
土台は、梨とチョコのミックス。
クレープのきんちゃくを結んでいるのは、レモンの皮。
レモンの皮を一緒に食べると、爽やか。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村