life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

腐りやすい食べ物

亮馬橋外交辨公大楼のファーマーズ・マーケット。



11月だけではなく、今後も週末に開催するらしい。



先週、ファーマーズ・マーケットで買ったモノ。
写真右は、乾燥ケールのスナック。(って、開封してないから、見えませんね。)
左のリンゴ2個は、見てくれは美しくないけど、新鮮で美味しかったです。


新鮮と言えば、腐りにくい加工食品より、腐りやすい新鮮な食品を食べるほうが、体に良いと言います。



↑ こういうビーフジャーキーは、不健康です〜。(ネコズには、あげませんよ。)



北京で買った豆腐が腐ってた!という話を日本人の友達3人から聞いたことがあります。



その中の1人の話。
豆腐を2つ買ってきて、1つは当日に食べて大丈夫だった。
もう1つは冷蔵庫に入れて、2、3日後に食べてみたら、腐っていた。
消費期限内だったので、日本の豆腐よりも足が早い、と感じたそうです。
「でも、それって良いことなのかも」と彼女は言います。
日本の豆腐より防腐剤が少ないのではないか?と推測できるから。
日本の食品には、かなり防腐剤が入っている、と聞いたことがあるそうです。
腐りやすいということは、よりナチュラルに近い、ということなのかも…。



チラッ。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村