life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

しゃれたレストランだった。

"Earls Kitchen + Bar"は、カナダにたくさん店舗があります。
アメリカでは、7軒ほど。



バージニアのTysons Corner店。
3週間前に開店したばかりだそうです。



高い天井と広いスペースが生み出す、開放感。



トリュフ・フライ。
トリュフオイルを使っているようで、トリュフの香りがします。
ソースは、粉末状トリュフが入ってるみたい。



ポーチドエッグ。(主人とシェアしたので、写真は半分の量。)
卵の下にはバージニアハム。
その下には、サワードウという酸っぱいパン。
ポテトが添えてあります。



サワードウを使ったフレンチトースト。(こちらも半分こ。)
ラズベリーソースと生クリームがのってます。
メープルシロップ付き。



アールグレイ・ティーを注文したら、オーガニックのティーバッグが来ました。
上質な食材を使った、おしゃれな料理ばかり。
おいしかったんだけど、心に響かなかったのはなぜだろう。
(外食ばかりで、疲れたのか??)
料理よりも、給仕の方々が美形ばっかりというのが心に残りました。
(ウェイターの制服も、J.Crewのカタログに載ってそうなジャケットやシャツで、とにかくシャレオツ。)



2日前から一気に寒くなって、冬っぽくなりました。
レストランのそばでは、クリスマスツリーの準備が。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村