life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

フランスの田舎で、初めて入ったレストラン。


ボートをThorigné-d'Anjouという村で停めて、ランチしました。



昼食時で、メニューはセットのみ。
前菜(ビュッフェ形式)、メインディシュ(ムール貝 or チキンのホワイトソース)、チーズ&デザートで、€11.50。



前菜。
小さな赤いラディッシュが、爽やか。
赤いシチューっぽいのは、マッシュルームのトマト煮込みのようなもので、少し酸っぱい。



メインのムール貝は、白ワイン、ガーリック、玉ねぎやハーブで味付けしてありました。
美味しくて、ペロッと食べてしまった。
ラードで揚げたフライドポテト付き。


f:id:byronko:20150626073323j:plain
このチーズが全て自分達のもの、という訳ではなく、欲しい分だけ取って、残りは返します。



デザートは、5、6種類の中から1つ。
私はプリンみたいなものを選びました。
見た目どおり、素朴な味。
この内容で€11.50ってお得です。
食材は新鮮だし、お店の人達は親切で、田舎の良さを感じる食事でした。