life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

北京で2回目の映画館。

Solanaの映画館で、「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」を観ました。
中国語のタイトルは、「復仇者聯盟2:奥創紀元」。
3Dで、100元でした。
(中国語の先生が、火曜日は映画代が半額になると言ってました。どの映画館でも、そうなのかな??)
支払機で映画代を払おうとしたら、中国のカードがないと使えない感じ。
ポップコーンなどを売ってるカウンターの左側で、現金で払いました。
去年行った時より、働いている人が減ったような気がします。
シアターもカーペットがめくれてる部分があったりして、少しみすぼらしくなってる…。
経費削減したのかなぁ。



このドリンク・カップが欲しくて、主人がコーラを購入。
「キャプテン・アメリカ」は、中国語で「美国隊長」。
そのまんまだ。



映画の感想:(期待してなかったので)面白かったです。
アメリカンなチームワークが良かった。
アメリカでは、「ブラック・ウィドウ」という女性キャラが女々しい!と、フェミニスト的な鑑賞者から文句があったようですが、そんな印象は受けませんでした。
あと、「ソー」というキャラは、神的コスチュームを着てる時はイカツイけど、人間の洋服を着てると、めちゃくちゃイケメン!(邪道な意見っす)。



最近、脱走を試みるようになったヒト。
オスネコが見当たらないので、あせって「オスネコ〜?」と呼んだら、出てきました。
起こして、ごめん。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ