life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

俏江南(チアオ・ジアンナン)

「俏江南(South Beauty)」は、有名な四川料理チェーン店です。

f:id:byronko:20150318193044j:plain
行ったのは、順義のユーロプラザ店。
知らないお店だと思ってましたが、看板を見て「この赤い顔には見覚えあるぞ!」と気づきました。


f:id:byronko:20150318193055j:plain
きれいな店内。


f:id:byronko:20150318193105j:plain
白馬が歓迎してくれます。


f:id:byronko:20150318193119j:plain
予約していたからか、立派な個室に入れてくださった。


f:id:byronko:20150318193130j:plain
野菜を巻いたもの、ゴマだれソース。


f:id:byronko:20150318193141j:plain
棒棒鶏(バンバンジー)っぽい。
名前の確認、忘れました。


f:id:byronko:20150318193157j:plain
インゲン豆の炒めもの。


f:id:byronko:20150318193207j:plain
おこげ。


f:id:byronko:20150318193218j:plain
唐辛子と花椒の下には、魚が隠れている。


f:id:byronko:20150318193400j:plain
豆腐。
塩っぱい、辛い、そして甘い薬味がついてきました。
「四川料理店だからといって、辛いものばかり注文すると、味が分からなくなるよ」と友達の1人が言ってました。
辛くない料理も(辛くない料理ばかり??)注文したので、味が分かって良かった〜。


f:id:byronko:20150318194055j:plain
自宅に帰る途中で見たモクレンらしき花。
春らしくなってきました。