life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

フォーの作り方

ベトナム系フランス人マダムが、料理の得意な友達と私にベトナム料理を教えてくれました。
料理の得意な友達は、あらゆる料理に精通していて、なんでも作れそうな「料理の鉄人」。
鉄人がマダムの話にいろいろと納得している中、私は「へ〜、そうだったんだ?」レベル。


f:id:byronko:20150206223538j:plain
市場で買った食材。
ショウガ、玉ねぎ、レモングラス、バジル、レモン、唐辛子、フォースープの素、フィッシュソース、ホイシンソース、など。


主に、フォーの作り方を教えてもらいました。

f:id:byronko:20150206223603j:plain
鍋で、牛スネ肉と骨を煮つつ。


f:id:byronko:20150206223616j:plain
ショウガと玉ねぎをグリルして。


f:id:byronko:20150206223631j:plain
直接、鍋に投入。


f:id:byronko:20150206223642j:plain
固形のフォースープの素を投入。


f:id:byronko:20150206223657j:plain
化学調味料が入ってます。
ナチュラルに決めたかったら、パッケージの原材料に載っている、塩、砂糖、ニンニク、黒コショウ、アニス、シナモン、クローブ、タンジェリンの皮(オレンジの皮で代用?)などを入れると良さそう。


沸騰したらアクを取り、お湯を捨てて、材料を水洗い。
再度、鍋にお水と材料を入れて、煮込みます。
(最初に強火で沸騰させてから、弱火で煮るんだったっけ?)
3時間は煮込まないと、良いスープはできないようです。


f:id:byronko:20150206223746j:plain
牛フィレ肉をごく薄く切って、食べる直前に熱いヌードルスープに乗せます。
お肉の上に、さらにスープをかけて、その熱で肉を調理。
そうすることで、柔らかいフィレ肉が楽しめます。
(フォーができあがるまで鉄人のお宅にいたわけではないので、完成品の写真はございません。)


フォーは何度も食べたことがあるけど、作り方が未知だったんで、非常に興味深かったです☆