life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

エクアドルの児童養護施設

La Casa de los Niños(子どもの家)は、虐待された子や捨て子のための施設です。
エクアドル人女性とフランス人のご主人が、私財を投じて設立。
エクアドル政府は、このような大きな困難を抱える子供たちのいる施設に、助成金を出さないそうです。
施設の運営は主にスイス人・フランス人の寄付に頼ってきましたが、欧州経済危機の影響で、援助が減ってきています。

f:id:byronko:20141223230312j:plain
(A Christmas tree at Raffles Beijing Hotel)


私の友達は、この施設をずっとサポートしてきました。
施設の存続にむけて、readyfor.jpでクラウドファンディングを募っています。

エクアドル児童養護施設活動資金を集め、世界の子育てを変えたい(佐藤香里) - READYFOR?

寄付の締切りまで、あと3日。
目標金額に届かない場合は、一銭も寄付されません。
賛同される方は、ぜひサポートをお願いします。
金銭的に難しい方は、ご興味のありそうな方にサイトのリンクを送ってくださると、ありがたいです。

f:id:byronko:20141223230411j:plain
(A Christmas tree at 3.3, Sanlitun, Beijing)