life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

北京魯迅博物館

今日は、徒歩ツアーに参加する予定でしたが、空気が悪すぎてキャンセルになりました。
私とは連絡が取れなかったため、ガイドさんが待ち合わせ場所まで来て、キャンセルになったことを教えてくれました。
恐縮です。
しかも、ツアー見学地の1つ、北京魯迅博物館まで連れていってくれました。
彼女に感謝しつつ、主人と2人で博物館を観ることに。

f:id:byronko:20141129194516j:plain
魯迅(ろじん:Lu3Xun4)と言えば、『阿Q正伝』が有名です。
作家というイメージが強いのですが、展示物を見たら、作家の域を超える人だと思いました。
ガイドさんが博物館を紹介してくれた時に、「今では魯迅の作品が(中国の)教科書に載っていない」と言ってました。
影響力のある偉大な思想家だし、国にとってマイナスに働く可能性もあるからかなぁ。

魯迅がすごく日本とゆかりがあることも分かりました。
弟2人も日本に留学したことがあり、2人とも奥さんが日本人!

f:id:byronko:20141129194627j:plain
魯迅が手書きで写した本。
非常に精密で、きれいな字です。

f:id:byronko:20141129194745j:plain
魯迅の作品を読むネコ。

北京鲁迅博物馆 - 维基百科,自由的百科全书
入場は無料です。