life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

アンティーク市場

「潘家園旧貨市場」に行きました。
f:id:byronko:20141121171228j:plain

戸外の市場に行くのは、北京では初めて。
f:id:byronko:20141121171333j:plain

ミニチュア家具が可愛い。
f:id:byronko:20141121171442j:plain

1個10元の小物入れ。
めっちゃ安い!
f:id:byronko:20141121171630j:plain
でも、近くで見ると、値段相応なのが分かります。

f:id:byronko:20141121173605j:plain
赤茶色の玉を売っている人が多かったです。
うす緑色のヒスイのブレスレットとかも。
「和田玉」という表示をよく見かけました。
ヒスイの1種(和田玉 - Wikipedia)なんですね。

書・絵画セクションで、山水画のデモンストレーション。
f:id:byronko:20141121172147j:plain

いかにも、アンティーク屋!
f:id:byronko:20141121171819j:plain
近くに、古い扉をメインに売っているお店がありました。
扉1つで2500元だそうです。
お茶のテーブルなどに加工できますよ、とお店の人が言ってました。

青空市場だけでなく、建物の中もチェック。
あるビルの2階では、タイプライター、昔の中国の漫画や軍服など、ザ・骨董品を売ってました。
f:id:byronko:20141121172319j:plain
残念ながら、ビルの中は閉まっているお店が多かったです。
午後2時頃に開店するんじゃないかな、と友達が教えてくれました。
次回は、午後に行こうと思います。