life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

白茶

お茶の先生によると、肺をいたわりたい今の季節には、「白茶」がおススメ。
白菜、白きくらげ、山芋などの白い食材も良いそうです。
白茶は、茶摘みが早いものから、「白毫銀針」(芽のみ)、「白牡丹」、「貢眉」、「壽眉」(枯れ葉っぽい)と分類されます。
お茶クラスでは、「白牡丹」を飲ませてもらいました。

f:id:byronko:20141030224424j:plain
福鼎大白茶。
お湯を入れると、とても薄いお茶ができました。
かすかに甘い感じ。

f:id:byronko:20141030224518j:plain
福鼎の点頭鎮、柏柳村で生産された福鼎大白茶。
やはり、薄い色のお茶。
よりまろやかで、高級さを感じられます。
2種類とも、青っぽい香りがしました。
茶芸師は、薬のような香りと表現するようです。
白茶の効能が西洋で注目されるまでは、中国ではあまり人気がなかったというのが、分かるような気がします。
でも、毎日飲むとクセになる味かも。

f:id:byronko:20141030225942j:plain
この前の香港旅行で買った「壽眉」です。
「白牡丹」との違いを試すのが楽しみ。