life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

四川料理を作ってみた。

昨日、料理教室に参加しました。
テーマは、四川料理。
まずは、先生がお手本を見せてくれました。

f:id:byronko:20141024205046j:plain

そして、参加者がチームになって、作ります。
たくさんの油で、マリネした鶏肉を軽く揚げ、取り出します。

f:id:byronko:20141024205258j:plain

油を減らして、赤とうがらしと花椒を入れて、香りを出します。
再び、鶏肉を入れて、ピーナツ、ネギ、調味料も投入。

f:id:byronko:20141024205331j:plain

「宮爆鶏丁(ゴンバオジーディン)」の出来上がり!
色は美しくないですが、おいしかったです。

f:id:byronko:20141024214157j:plain

お次は、こんなの(左下のネギは、宮爆鶏丁用。)や、

f:id:byronko:20141024205416j:plain

こんなのを使って…

f:id:byronko:20141024205600j:plain

「麻婆豆腐(マアポオドウフ)」を作りました。

f:id:byronko:20141024205646j:plain

使った挽肉は、豚肉ではなく、牛肉です。
先生が、本来は牛肉だとおっしゃってました。
そうだったのか…。
(それとも、いろんなバージョンがあるのかも?)
もう1つ重要な材料、お豆腐ですが、「南豆腐」を使用。
絹ごしのような柔らかなお豆腐です。
あえて、固めの「北豆腐」は使わないみたいです。
中華鍋でお湯を沸かして、塩を入れ、南豆腐を入れます。
しばらく煮て、取り出します。
柔らかいけど、適度に固い豆腐になりました。

f:id:byronko:20141024205722j:plain