life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

北京で初めての映画館

SOLANAの映画館、「伝奇時代影城」に行きました。
f:id:byronko:20141018201839j:plain

タッチパネルのゲームがあります。
f:id:byronko:20141018201924j:plain

鑑賞した映画は、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」3D。
120元(約2100円)でした。
f:id:byronko:20141018202110j:plain

上映前のCM。
(上映中は、写真撮影してませんよ。)
f:id:byronko:20141018202222j:plain

白酒のCMが、中国っぽい。
f:id:byronko:20141018202842j:plain

劇場からのお願いが流れたあと...
f:id:byronko:20141018202902j:plain

いきなり「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」が始まりました!!
「3Dメガネをかけてください」との指示がなかったので、新作映画の予告かと思いました。
そういえば、新作映画の予告が、一切なかったです。
「ガーディアンズ...」は、SFアクションで、コミカルなシーンがたくさん。
もちろん、マーベル映画では恒例の、スタン・リー(「スパイダーマン」などの原作者)のちょこっと出演がありました。
感動シーンもあって、また観たいね!と思える映画でした。