life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

柔能く剛を制し、弱能く強を制す(じゅうよくごうをせいし、じゃくよくきょうをせいす)

「風に吹かれる柳の葉は、細くてヒョロヒョロとしていて、弱そうに見える。
でも、決して折れることはない。
柔弱なものが、かえって、強剛なものに勝つ。」

老子の言葉です。

中国語では、「柔弱勝剛強(ロウルオ・シャン・ガンチアン)」。
まんまですね〜。

f:id:byronko:20141015175205j:plain

「上善如水(じょうぜんみずのごとし)」という爽やかな清酒がありますが、これも元々は老子の言葉。

f:id:byronko:20141015175359j:plain

高校の漢文の授業で、儒教(孔子・孟子)と老荘思想(老子・荘子)を学んだことがあります。
老荘思想は、固定観念にこだわっていない、おおらかな考え方で、なんだか良いなぁと感じました。