life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

アメリカの切手

f:id:byronko:20141001165029j:plain
今日は10月1日。
国慶節(中国の建国記念日)です。
雨で、寒くて、空気も普通に悪くて、残念。
大通りには、赤い提灯が飾られていますが、数日前に、飾っている人を見かけました。

f:id:byronko:20141001165147j:plain

ところで、アメリカの建国記念日は、独立記念日です。
ペンシルバニア州フィラデルフィアには、「自由の鐘」が展示されています。
議会がイギリスからの独立を評決した日(7月4日)に、そのベルが鳴ったという逸話があります。
実際は、その日には鳴らなかったようですが、「自由の鐘」は、独立の象徴となっています。

我が家には、「自由の鐘」がモチーフとなった切手があります。
普通の切手と違うのですが、わかりますか?

f:id:byronko:20141001165533j:plain


…額面が書いてありません。
購入した当初は、1枚41セントで、普通郵便の料金でした。
今は普通郵便を送るのに49セントかかりますが、この切手を使うと、追加料金がいりません。
2007年に発行が始まったForever Stampです。
Foreverという名前と「自由の鐘」の組み合わせが、面白いですよね。
アメリカ人にとって、自由(独立)がいかに大切かが感じられます。

f:id:byronko:20140924224138j:plain
「我に自由を、さもなくば死を」by パトリック・ヘンリー

f:id:byronko:20140924224201j:plain
「家ネコに自由はあるのかにゃ?」

f:id:byronko:20141001165743j:plain
「ご飯食べられるから、いいんじゃにゃい?」

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村