読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

life is short the word is great

北京の生活で思うことなどを書き留めています。

鉢3つと土の行方

昨日、中国の通販アプリ「1号店」で、鉢と土を注文しました。 「査看物流」(写真の下側、中央寄り)をタップすると、配送状況が分かります。 今朝、「査看物流」を確認しました。 お、10時過ぎに発送してるから、今日届くね! しかし、夕方になっても届きま…

アロエが大きくなりすぎた。

1年以上前、北京を去る友達がアロエをくれました。 たまに水をあげたり、置く場所を変えたりしてたら、すくすく育ち… こんなになってしまいました!(今日のアロエさんです。) 1番下の葉が、枯れてしまってます。 ネットで調べたら、5月以降に植え替えや株…

冬の草廠胡同 (ツァオチャン・フートン)

枯れ木が気になり、右側の家を見上げると… 複雑に絡まるヘチマのつた。 小さな商店に置いてあったホワイトボード。 上のボードには、カートン単位のタバコ料金。 下は、アイスキャンデー10本の金額。 トタン屋根にさえぎられずに、伸びる木。 にほんブログ村

あの… その…

何を話せばいいか分からない時、「えっと…」というようなスキマを埋める言葉(= filler)があります。 中国語のフィラーの1つが、「那个(nei4 ge5)」。 まさしく、日本語の「あの…」と同じ意味です。 面白いことに、スペイン語では、este(この…)という…

外国人の人口

日本の総人口(2015年10月1日現在)の内訳。日本人人口: 1億2428万3901人 外国人人口: 175万2368人(総人口の1.4%)つまり、100人に1人は、外国人。 その国籍は、外国人人口の29.2%を占める「中国」が最も多く、51万1118人。 2010年に1位だった「韓国、朝鮮…

火斎潮仙砂鍋粥(フオジー・チャオシエン・シャーグオジョウ)

鼓楼の1号店へ。 (2号店は、斜向かいにありました。) おかゆ鍋のお店。 アワビ、貝柱、エビのおかゆ鍋を注文。 贅沢な食材ですが、おかゆは優しい。 西洋菜(クレソン?)&ひしの実のお焼き。 添えてある唐辛子ペーストも、シンプルでナイス。 近くにあっ…

初めての冰車(ビンチャー)

地下鉄「什刹海」から、前海の「什刹海滑冰場」へ。 チケット代は、みんな一律に80元/人(祝日料金)でした。 念願の冰車。 2年前の冬から、乗ってみたいと思ってました。 椅子のようなものに座って、ポールを使って滑るのが、冰車。 (ハンドルは、ただの…

花様羅馬(フアーヤン・ルオマァ)

"Via Roma"は、ケンピンスキーホテルに隣接。 春節中も、ホテルのレストランは開いていて、ありがたや。 ランチ営業が14時で終わるお店が多いなか、このリストランテは夜までずっと開いてます。 パンのサービス。 フォアグラ。 手前の小さいのも、フォアグラ…

薩拉伯尓(サーラーボーアール)

韓国料理「ソラボル」で、ランチ。 ケンピンスキーホテルの横、燕莎友誼商城の地下1階にあります。 パンチャン。 山芋パンケーキ。 参鶏湯(サムゲタン)。 骨付き肉。 168元だったっけな? かなり高いけど、マシソヨ〜。 今日は、ご家族で新年会のようなグ…

この季節が来た。

1年経つと、すっかり忘れます。 ドドドド、ドーン! ドンドンドン、ドドーン! 「戦争が起こった?」というような音で、深夜に外を見ると… 見た目も、戦火。 あっ、そうだった。 昨日は旧正月の大みそか(除夕)でした。 今日から、旧正月の新年です。 春節…

灘万(タンワン)

1/27〜2/2までの毎日、週末ランチビュッフェをやってると聞いて、国貿の「なだ万」へ。 日本料理屋っぽくない店内。 ビュッフェを見たら、ピンと来なかった。 あと、刺身やお寿司が氷なしで常温で置いてあるのが気になり、無難に鉄板焼きビーフのランチを注…

読書の春節…になるでしょうか?多分、ならない。

春節(旧正月)デコレーションが、道路に飾られてます。 今年は提灯だけでなく、中国結びのような飾りも! 今年の抱負に掲げた、週1冊の読書。 今まで8冊読んだので、週2冊ペースか…。 (ヒマ人なんで、もっと読めるはずだけど、ボーッとしてたり、キャンデ…

昔、働いた会社がなくなっていた。

仕事について考えることがあり、東京で派遣社員として働いた会社をなんとなく検索したら、去年、親会社に吸収されてました。 正確には、製造部門は独立→会社名の変更、それ以外は親会社に吸収されるという「会社分割」。 私が所属していたのは国際事業本部で…

フットピーリングとか、ニュース

この前、東京に行った時に、「フットピーリング パック ペロリン」を購入しました。 足の角質ケア・パックを買うのは、初めて。 日本にいた時は問題なかったのに、北京に暮らしてから、冬のかかとの乾燥がひどい。ひどすぎる。涙 パッケージ表。 パッケージ…

メスネコは、おばあちゃんネコ。

結婚する前から飼ってるメスネコちゃんは、今年の夏で、16歳。 あどけない顔なので、お年寄りっぽく見えないんですが、甲状腺機能亢進症と腎臓の治療を去年から続けてます。 治療のおかげで、安定してるけど… 今年に入ってから、はっきり白髪が出てきました…

拉蒂娜(ラーディーナー)

シュラスコのお店、Latinaへ。 今日は日曜日ですが、振替勤務日なので、平日ランチセットがありました。 シュラスコがソフトドリンク1杯、サラダ&デザート・ビュッフェ付きで、128元。 168元セットだと、もっと高級なお肉が食べられます。 ビュッフェが結構…

中国のレストランを予約する方法

電話でレストランを予約する時、以前の私はめちゃくちゃ緊張してました。 (最近はちょっと慣れたかな…?いや、そうでもない。) 私のようにシャイな人のお役に立てるかも、ということで、以下に予約の流れをば。 ① お店の人が電話に出たら、「我想予約一張…

ピンインを作った人がお亡くなりになりました。

なんと、111歳で! 1週間前、1月14日に逝かれました。 中国語をローマ字とアクセント記号で記したピンイン(拼音)は、漢字が読めない人でも中国語を話せるようにした、偉大なシステムです。 Time Out Beijingの記事を読むまで、「周有光」という方がピンイ…

今日は最高気温も氷点下でした。

セントラルヒーティングのおかげで、暖房を入れなくても、アパートの中は何となく暖かい。 でも、今日は、肌寒く感じました。 (空気が乾燥しすぎるのを恐れて、暖房は点けないようにしてます。) メスネコが、IKEAのシープスキン・マットを絶賛活用中! 時…

鏡もち

「干支こんぶ」をいただいた、と昨日のエントリーで書きました。 年末には、別の友達から「鏡もち」をいただきました。 木製なので、食べられません…。 実家を離れてから、鏡もちを飾るのは初めて。 私は雛人形も飾らないし、あまり伝統的なことをやらないん…

おめでたい頂き物

江戸っ子の方から、いただきました。 ありがとうございます! 「お吸い物などに入れると良いよ」とおっしゃってました。 縁起のいい「干支こんぶ」。 賞味期限が2017年12月なのが、実に納得です。 結び昆布と、こんなデザインの鳥型の昆布が、8枚ずつ入って…

米家思(ミージアースー)

Migasは、(かなり高い)スペイン料理・バー。 平日は、お得なランチセットあり。 前菜、メイン、デザートが95元。 ワインを付けると、120元。 レンズ豆のスープ。 滋養があって、寒い日にぴったり。 パエリア。 かなり濃厚な味です。 主人の注文した鴨のム…

中国のレストランで役立つんじゃないかな、という表現

① 中国のレストランでは、白ご飯を注文しても、すぐに持ってきてくれません。 通常、料理を持ってくる順番が、涼菜(冷たい料理)→ 熱菜(温かい料理)→ 湯(スープ)→ 主食(ご飯・麺)となってるから。 おかずと白ご飯を一緒に食べたければ、注文する時に…

張亮麻辣燙(ジャンリァン・マーラータン)

麻辣燙(マーラータン)は、好きな食材を自分で選んで、お店の人に煮込んでもらうスープ。 煮込む、と言っても、ほんの3分程度。 張亮麻辣燙は、麻辣燙のチェーン店です。 女人街店と(今は無き)霄云路店にも行ったことがありますが、今回行った優士閣店が…

良い仕事してます、[T]AVOLA。

亮馬橋の官舎(外交公寓B区)2階のイタリアン、TAVOLA。 ホタテ(写真奥)と水牛モッツァレラ(写真手前)を注文。 お店の方に、モッツァレラはどうやって食べるんですか?と聞いたら… 切り分けて、オリーブオイルをかけて、プチトマト、アンチョビ、ケーパ…

借りた本を読み終わった。

北京日本文化センターから借りた2冊。 どちらも面白かった! 片山修・弘兼憲史著『知識ゼロからの松下幸之助入門』と、ちきりん著『多眼思考』。 松下幸之助って、本当にすごい経営者だったんですね。 特に、会社や利益は私物ではなく、社会から一時的に借り…

ラオックスの広告

地下鉄1号線の国貿駅にて。 Laoxって、あの日本のラオックス? やっぱり、そうだ〜。 中国で大人気の福原愛ちゃんを起用してるのは、正しい! 「日本のラオックス」と書きましたが、ウィキペディアを読んだら、2009年、中国企業の傘下に入ったとのこと。 い…

北京日本文化センターの図書館

国貿駅のD出口から、数分で行けます。 アクセスしやすい! SK大厦の3階。 読みたい本が数冊あったので、会員証を申し込みました。 身分証(パスポート)と証明写真2枚が必要です。 会員証があると、3冊まで借りられます。 1年有効で、50元。(学生は30元。)…

薬膳茶

風姿花伝文化交流センターの「冬季養生茶講座」に参加。 水で戻した蓮子(ハスの実)に、黒糖と水を加えて煮込んだもの。 優しい甘さで、これだけでも美味しいけど、ウーロン茶を加えて、蓮子茶に。 蓮子は、消化機能を高めたり、下痢や高血圧に効用があるそ…

摩卡站(モーカージャン)

藍色港湾(Solana)のMoka Bros.でランチ。 16時〜19時のハッピーアワーは、カクテル、ハウスワイン、青島ビールが30元。 主人のローストビーフ・サラダ。 同じ料理でも、デリバリーよりレストランで食べるほうが美味しい!とのこと。 やっぱり、作り立てを…

理想的なプラン

Dilbertという、新聞の漫画にウケました!1コマ目 「火星宇宙船プロジェクトの進行具合は?」2コマ目 「順調です。初回フライトには、我が社の最低の社員たちを選んでおきました。宇宙船が爆発した場合にそなえて。」3コマ目 「良い考えだね。」 「どちらに…

PM2.5対応のマスク

ここ数日、北京の空気がずっと極悪です。 外出する時は、シリアスな3Mマスクを装着してます。 ↑ これ。 化粧がはがれる〜。 0.3μmの粒子を少なくとも95%は遮断するN95マスク。 N95は、アメリカのNIOSK(労働安全衛生研究所)の規格です。 初めて、ドイツ製…

ビールバーのお土産

主人の友達が、大躍啤酒(Great Leap)のバッグをくれました。 ありがとうございます! 中に入ってたボトル。 「苦大仇深麦酒」。 麦芽100%、大麦啤酒。 あ、やっぱビールか。 バッグには、4枚のコースター、マッチ、シールも一緒に入ってました。 (ビール…

在中国日本大使館の図書館

正確には図書館ではなく、「広報文化センター」。 日本・中国書籍が、無料で閲覧できます。 身分証(パスポート)を提示し、荷物検査を受けて、中に入ります。 日本の本は持ち出し不可ですが、中国の本や古い日本の雑誌は借りられるそうです。 私は使わなか…

ナチュラルな香水

年末、かぐれ東京ミッドタウンで購入したMOONSOAPの「ビオ・パフューム」。 100%ナチュラルな香水は、数少ないです。 また、香水やマニキュアは海外郵送が不可なので、素敵なものを見つけたら、買っておこうと考えてました。 北京の空気が悪い日にリフレッシ…

誇りに思うこと

はてなブログの今週のお題は、「2017年にやりたいこと」。 去年11月、アメリカの病室で以下のような言葉を目にして、考え込んだことがあります。 Your life accomplishments you are proud of: (あなたが生涯で成し遂げた、誇りに思うこと)患者さんが書き…

私はウイスキーに興味ないけれど

日本産ウイスキーが、空前のブーム。 主人がウイスキーの良さに目覚めたらしく、今回の旅行で、「サントリー ウイスキー響」の年代モノを探してました。 成田空港では、花鳥風月という限定ボトルしか売ってなくて、「響21年」が5万円、「響30年」が25万円と…

ランダム東京見物

「めいわく妖怪 座敷あらし」のポスター、かわいい! こんなふうに注意されたら、気をつけたくなります。 JR田町駅エリア。 明治維新の前夜、西郷隆盛と勝海舟(と、その他複数)が会見した薩摩藩屋敷の跡地。 この会見が、「江戸無血開城」をもたらしました…

軽くショック。

よっ! Suicaのペンギンさん〜。 JR新宿駅南口あたり。 オイスター・バー、ベーカリー&レストラン沢村などが出来ていて、かなり変わってました。 高島屋タイムズスクエアの紀伊国屋書店に行ったら… 1階から5階はニトリになっていて、6階だけが紀伊国屋の外国…

ふぐだし潮らーめん

東急プラザ銀座の地下2階には、ユニークなレストラン&カフェがあります。 気になったお店の1つが、「ふぐだし潮 八代目けいすけ」。 ふぐだしのラーメンなんて、初めて。 「美味玉たまり漬け入り」を注文。1250円。 ふぐの昆布じめが2枚。 ふぐの上に、ゆず…

温泉

浅草から鬼怒川温泉へ。 鬼怒川温泉は、のどかで、ちょっと寂れた感が良い味を出してますね。 夕食前に大浴場に行き、夕食後と朝食前は、お部屋で温泉。 お部屋に温泉があって、すごく嬉しい。 予約する時に気づかなかったんですが、禁煙部屋じゃなくて、消…

贅沢な駅弁

東武鉄道の浅草駅。 写真の右側、ユニクロがあるのかと思ったら、「靴の丸善」でした。 中国ブランド並みのまぎらわしさ。 駅に隣接する松屋浅草の地下1階で、お弁当を買いました。 ズワイガニのちらし寿司。わーい! 贅沢なお弁当(と言っても、810円でリー…

国際化よろしく

主人の誕生日のプレゼント、あと、彼&自分のクリスマスプレゼントをかねて、東京に遊びにきてます。 街を歩いてるだけで、楽しい〜。 いつの間にか、六本木駅のホームに、もう1つ電光掲示板が。 英語。 また、日本語。 いや、よく見たら、中国語だ。 韓国語…

松鶴楼(ソンハーロウ)

清の時代、乾隆(けんりゅう)帝がお忍びで蘇州に行った時、「松鶴楼」に現れたそうです。 すっごい歴史のあるレストランなんですね! 双井店をチェックアウト。 レンコンの中にご飯が入っていて、甘い味付けが、蘇州っぽい。 黄色いのは、キンモクセイのお…

サンタクロース

先週の日曜日、 クリスマス聖歌隊の歌を聴きました。 明日の朝は、Beijing International Christian Fellowshipのクリスマス礼拝。 亮馬橋の21世紀シアターで、9時&11時が英語の礼拝。 中国の法律で、国際的な教会は外国人のみ参加できることになってます。 …

パーティー向けのポテチ?

ケンピンスキーホテルの隣に、燕莎友誼商城というデパートがあって、デパ地下には、スーパーがあります。 お酒、チョコレートなどの高級品ばかり売っていて、あまり使えないスーパーなんですが、パーティーに良さそうなポテトチップスを発見。 写真左がキャ…

麦祥記(マイシアンジー)

友達オススメの餃子&ワンタン屋さん。 食堂ではなく、お持ち帰りのお店。 餃子1セット(20個入り)を買うと、5個オマケしてくれます。 (1セット25個と言えば良いのに。量り売りの文化だから?) 写真では分かりにくいですが、奥に餃子を作る人達が。 本日特…

ちょっとしたこだわり

レストラン「桂公府」のお皿。 食事する時は、別のお皿を乗せてくれました。 カーネーションは、造花ではなく、フレッシュ。 「桂公府」は建物だけでなく、庭の木にも、悠久の時を感じます。桂公府(グェイゴンフ) - life is short the word is great にほ…

桂公府(グェイゴンフ)

清朝時代、慈禧の弟が住んでいた家。 (「慈禧」ですが、日本では「西太后」という名称のほうが馴染みがあります。) 慈禧の弟の名前は「桂祥」だったので、お屋敷名は「桂公府」。 現在は、レストラン。 くるみのサラダ。 恐らく、お酢、ごま油、塩で味付け…

小雲南(シアオユンナン)

店名が示すように、雲南料理のお店。 ミントとビーフのサラダ。 「山珍三拼」は、どうやら雲南省の特産物3種。 写真中央は、ジャスミンの花&何か(何だろう?)のマリネ。 左奥が、「鶏樅菇」。 チキンの味がするキノコらしいんですが、言われてみれば、そん…