life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

miscellaneous

フィッシング

暑くても、魚釣りに興じる人々。 亮馬河の川沿いに、沢山います。 対岸に目を向けると、「禁止線下的魚」の看板が。 (写りが悪くてスミマセン。iPhoneのズームは、これが限界…。) ルールは破るためにあるのだ。 にほんブログ村

政治や歴史に疎いので、すごく勉強になりました。

池上彰・佐藤優著『大世界史 現代を生きぬく最強の教科書』(文藝春秋 2015)を読みました。 中東の状況がチンプンカンプンだったのですが、この本のおかげで、イスラム教の宗派の違い(スンニ派・シーア派)が、国々の関係をこじれさせている大要因なのだと…

映画館の名前が変わってた。

1ヶ月前、藍色港湾の中にある「伝奇時代影城(Saga Cinema)」に行きました。 今日「ワンダーウーマン」を観に行ったら、映画館の名前が変わってる! 「珠影耳東伝奇影城」。 そして、Zyed Cinemaという英語名。 どちらもキャッチーじゃないっす。 会員カー…

花市場で買ったモノ

「北東花卉」に行った時、自宅のアロエを思い出して、鉢と受け皿を購入。 お店の方に「アロエ用の土がほしいんですが」と言ったら、多肉植物用の土を勧めてくれました。なるほど。 プラスチックの鉢(18元)&受け皿(6元)は、アイリスオーヤマ製。 北京は、…

『下層化する女性たち』を読んで

小杉礼子・宮本みち子編『下層化する女性たち 労働と家庭からの排除と貧困』(勁草書房 2015)を読みました。 特に気になった点を、ちょっとご紹介。・ 日本では、1990年代、①女性が正社員として働き続けようとする動き、②非正規雇用の拡大、が同時に起こっ…

トースト

日本の食パン「超熟」が大好きな主人。 いつか買うんじゃないか、買うんじゃないか…と思ってたら、やっぱり買ってきました。 なんだニャ? 醇熟(チュンシュー)! 北京の「桃季食品」が作っております。 セブンイレブンで購入したそう。 なんか似てるニャ……

自立とか、尊厳とか

一般的に「自立」という言葉は、人に頼らず独り立ちするという意味だと思います。 ならば、重度の障害者は、自立できないのでしょうか? 渡辺一史著の『こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち』(文藝春秋 2013)というルポルタージ…

睛姿(ジンズー)の偏光サングラス

約2年半前、JINSで普通のサングラス(199元)を買いました。 使い始めから頻繁に落としてたので、傷だらけ。 それに、使用後はいつも視界がボヤける感じで、違和感がありました。 いいかげん、新調することに。 今回もJINS。 (手頃だし、ショッピングモール…

趣浄(チュージン)

主人が「キレイキレイ 薬用泡ソープ」が好きなので、我が家でよく使ってます。 今まで、日本製か韓国製の輸入品を買ってました。thewordisgreat.hatenablog.com が、友達が「最近、中国のキレイキレイも売ってるよ」と教えてくれました。 セブンイレブンで28…

我が家はアナログテレビ

約8年前、アメリカで買ったサムソン。 バージニア → 東京 → 北京で使ってます。 テレビの下に、World Wide Videoというビデオデッキが置いてあります。 約13年前に買ったモノ。 これがないと、北京のテレビ放送が観られません。 中国は、PALという放送方式を…

玉ねぎの皮

突如、白い麻の服を草木染めしたいと思って、ネットで検索。 玉ねぎの皮で、良い感じに染まるらしい。 ミョウバンの媒染液を使うと、きれいな黄色になるとか。 玉ねぎの皮は、手軽だし。 …いや、そんなに手軽じゃないかも。 私が行くお店は全て、玉ねぎは皮…

靴のクリーニング&修繕

日系の「しろくまクリーニング」で、主人の靴をクリーニング。 左: クリーニング前、右: クリーニング後昼と夜に撮った写真なので、明度が違うけど、どう見ても左のほうが汚い。しかも、傷だらけ。 右のほうが細いのは、シューキーパーを入れてクリーニング…

これは…使えるかも!?

無印良品で買い物しました。 涼しそうなイ草スリッパ。 私はMサイズ、主人は仕方なくLサイズで。 (主人はXLがベストサイズですが、北京の無印ではXLを見かけなくなりました。男性のお客が少ないから?) 「ご飯にかける」シリーズ。 無印のホームページで調…

プレミアグッズ?

水曜の夜は、なかなか寝つけず困りました。 仕方がないので、時々iPhoneをのぞいたり、1時間ほど読書したり。 そして、朝4時過ぎにようやく就寝。 眠れなかった原因が、2つほど思い当たります。① その日、主人が風邪で仕事を休みました。 つられて私も、午前…

大切な服のクリーニング

以前、ドライクリーニングで大失敗しました。thewordisgreat.hatenablog.com それ以来、繊細な素材だったり、特別な飾りが付いてたりする服は、日系の「しろくまクリーニング(白熊洗衣社)」へ。 (失敗したクリーニング店は、当日とか翌日には仕上げてくれ…

今年読んだ本は、今のところ、20冊。

借りていた3冊の返却期日が、今日まで。 まだ読み終わってなかった、華恵著『本を読むわたし --My Book Report 』(筑摩書房 2006)を急いで読み、北京日本文化センターの図書館へ。 (返却が遅れると、遅れた日数だけ貸出し禁止になります。) 『本を読むわ…

美しくなるために、女性は何をするか。

中国語の先生が言っていたジョーク。女性が美しくなる方法: 韓国人は、整形する。 日本人は、化粧する。 アメリカ人は、運動する。 では、中国人は? 答えはのちほど…。 このお方の美の秘訣は、体をなめて清潔にすること。 よく寝ること。 「あと、ヒトに甘…

AQIとか、その他。

今日も良い天気!(暑いけど!!) 「一帯一路」のフォーラムが終了する明日まで、きれいな空気が享受できそう。 ( ̄▽ ̄) AQIとは?というご質問がありました。 健康に悪影響を及ぼすと考えられるPM2.5は、日本では、1立方メートルあたり、何マイクログラム…

空気が良いと嬉しい。

一昨日ぐらいから、北京市内の警備が強まってます。 というのも、今日から「一帯一路 国際協力サミットフォーラム」の一部が開催されたから。 そのおかげか、強風のおかげか、午後の空気が非常にきれい。 素晴らしい。 友達のベビーシャワーが、レストランの…

コーヒー絶ち

4月13日から、コーヒーを飲んでいません。 約1ヶ月断飲して、コーヒーを飲まない不利な点・有利な点に気づきました。 不利な点: ① コーヒー好きなので、味わえないのはツライ。 (特に、目の前で主人がおいしそうに飲んでる姿を見ると。怒)② いつもボーッと…

ブログのタイトル

ブログ名、"life is short"は、人の命はいつ終わるか分からない、1日1日を大切に過ごそう、という気持ちから付けました。"the word is great"の部分は、以下の聖句から。In the beginning was the Word, and the Word was with God, and the Word was God. (…

デンタルフロス

ディスカウントストアのTargetで、フロスを購入。 日本ではフロスより、歯間ブラシのほうを見かけます。 歯間ブラシを買ってみたこともあるんですが、私は歯間が狭いから、ほぼ使用不可能。 糸ようじも、すごく使いにくい。 なので、フロスを愛用してます。 …

はてブについて

daiouokaさんが、はてなブックマークに関するエントリをたまに書いています。 最初、私には関係ないことだと思っていて、あまり留意してませんでした。 近頃は、はてブを付けてもらったり、自分でも付けるようになったので、気になってdaiouokaさんのエント…

中国語の単語とか、切り花

最近、中国語クラスで参考語句を習っていて、ギョッとすることが。 テキストに「性感」という語が載ってる…。 絶句してたら、先生がセクシーという意味だと教えてくれました。 びっくりしたなぁ。 日本語の知識で、中国語の語句を予想できることがありますが…

歯磨き粉

コーヒーは本当はブラックが好き。 でも、歯にステインが付きやすいので、ミルクを入れて飲んでます。 ところが、麦茶を超濃くして飲んだら、恐ろしいくらいステインが付いてしまいました!!涙 なぜか麦茶は大丈夫と思ってました…。 先週、「霄云口腔」へ。…

残らないからこそ、貴重。

お祝いのお花。 悲しい時のお花。どちらも美しく、贈ってくれた人々の優しさを感じます。 にほんブログ村

最高の自分に鍛え上げろ

Reebokの広告。 おじいさんが、カッコいい。 もう最高の自分だニャ。 にほんブログ村

読書と今日の気温

この前借りた、志賀櫻著『タックス・ヘイブン ーー 逃げていく税金』(岩波書店 2013)は、とても勉強になりました。(← 読むのに時間がかかった!) アメリカのデラウェア州やシティ・オブ・ロンドンなど、意外な場所もタックス・ヘイブンだと知りました。 …

久しぶりに買いました。

1年以上ぶり、しかも北京で買うのは初めて。 花王の「めぐリズム 蒸気でホットアイマスク」。 亮馬橋の嘉和新新超市で、39元でした。 写真の女の子、雰囲気がちょっとローラっぽい? (私、ローラが大好き。彼女の写真とか見るとトキメキます。笑) パッケー…

言葉の呪縛

私が小学生の頃、祖父が一緒に住むようになりました。 「男が赤い花を『白』と言ったら、女も『白』と言わなければならない」と主張する祖父に、私は反抗していたせいか、「お前はバカだ」「根性が曲がっている」「短気だ」とよく言われました。 (なお、祖…