life is short the word is great

北京の生活で思うこと、たまに別の国で見たことなどを書き留めています。

中国の文化

春節らしく

昨日、地下鉄で地壇公園へ。 当初は、滴滴タクシー or 専車で行く予定でした。 おとといの夜、WeChatで予約しようとしたら、予約が取れません。 料金を追加しても、誰も相手にしてくれません! 春節だから、ドライバーさん達も家でゆっくりしたかったのね。 …

庙会(ミァオホェイ)に行きました。

2月16日は、春節の1日目。 地壇公園の春節祭り「庙会」へ。 9:30am頃に到着。 庙会の地図。 ところどころに穴が開いてるのは、突風で倒されるのを防ぐためと思われます。 地図の横には、将棋倒しに巻き込まれないようにするためのアドバイスが。 「冷静にな…

おめでたき色

春節の赤い飾りが、ぽつぽつと目に入るようになりました。 クリスマスツリーの華麗なリサイクル。 友達のアパートのロビーっす。 「年年有余(ニエンニエン・ヨウユー)」(毎年、余りがある。→ 豊かな生活)の「余(yu2)」と「魚(yu2)」をかけてます。 3…

地壇公園(ディータン・ゴンユエン)を散策

地下鉄5号線「和平里北街」駅で降りて、地壇公園の北門へ。 入場料は、2元。マンスリーパスは、6元。 着々と、廟会(春節のお祭り)の準備が。 「中医薬養生文化園」というエリア。 ツボを説明する看板が置いてある公園、という感じ。 明と清の皇帝が、地の…

ちょっと、老舎茶館に寄ってみた。

前門にある「老舎茶館(ラオシャー・チャーグアン)」へ。 漫才や変面などが見られる、と聞いたことがあります。 お店の人にたずねたら、会場は3階。 パフォーマンスは夜にやってるとのこと。 (週末はどうなのか、確認してません。) 2階。 茶室でお茶のメ…

関林(グアンリン)

三国志の関羽のお墓。 中国の聖人のお墓は、「関林」と「孔林」(孔子のお墓)の2つ。 河南省、洛陽市の近郊にあります。 見どころは… ベッドで休む関羽! じゃなくて、孫権が曹操におくった関羽の首が、祀(まつ)られている塚。 (埋められていて、実際に…

龍門石窟(ロンメン・シークー)

元旦は「龍門石窟」ヘ。 河南省、洛陽市の近郊にあります。 「洛陽牡丹石」は、自然に形成された岩。 岩一面に、牡丹(ぼたん)の花が! 牡丹で有名な洛陽に、ぴったり。 ピース。 富の大小により、仏像の大きさが異なるそう。 女帝「武則天」(日本では「則…

鄭州で年を明かします。

河南省の鄭州にいます。 少林寺ヘ。 少林薬局。 打ち身、ねんざに効きそうな薬が売ってそう。 建物の大部分が、1928年の内乱で焼かれてしまい、再建されたもの。 写真は、焼かれずに残った木。 木の幹に見えるたくさんの穴は、お坊さんが訓練中に指で開けた…

発現 北京四合院之美

1週間ぐらい前、「首都博物館」の常設展について書きましたが、ちゃんと特別展も見ましたよ。 東京ミッドタウン的な、地下1階。 「街を学ぶ -- 発見 北京四合院の美」は、2018年7月15日まで。 広き中国、伝統住居もいろいろ。 「中国五色」は、赤・青・黄・…

アーティファクト

12月6日付け China Daily に引用されてた、故宮博物院の院長の言葉。 「以前は、遺物は過去の物であり、すでに終わった命だと見なされていて、鑑賞すべきものだと考えられていました。 しかし、遺物は生かさなければなりません。 つまり、私達の生活に融合さ…

首都博物館(ショウドゥー・ブォーウーグアン)

地下鉄1号線「木樨地」のC1出口から、徒歩2、3分。 入口付近にある看板の文字は、第5代国家主席などを歴任した江沢民によるもの。 歴史文化コーナーで見た、椅子とテーブル。 まるで子供用の大きさ。 昔の人は小さかったんだなぁ。 (いや、まさか、子供用?…

北京古観象台(ベイジン・グーグアンシアンタイ)

地下鉄「建国門」駅のC口のそばにあります。 入場料は、大人が20元。 四合院(中国の伝統的な庭付き家屋)が、展示エリア。 「北京古観象台」は、1442年に設立。 明・清の時代は、皇族の天文台。 1929年まで継続的に使用されてました。 星時計、月時計、水時…

東交民巷(ドンジアオミンシアン)

空気が澄みきった水曜日、東交民巷へ。 北京で1番長い胡同(なのですが、普通の道路に見えます)。 「東交民巷天主堂」こと、聖ミカエル教会を観に行きました。 フランス人神父が設立した、カトリック教会。 1901年に建設が始まり、1904年に竣工。 「大衆点…

中国鉄道博物館(ジョングオ・ティエダオ・ブオーウーグアン)

北京には、2つの「中国鉄道博物館」があります。 1つは、東五環にある「東郊館」。 もう1つは、前門にある「正陽門館」。 前門の「正陽門館」へ行きました。 大人の入場料は、20元。 元々は、中国最古の鉄道「京奉鉄路」の「正陽門東」駅です。 入場すると、…

ユニークなショッピングモール

芳草地(Parkview Green)には、中国的なアートがたくさん飾られています。 このモールか798芸術区に行けば、中国の現代アートの傾向がつかめる感じ。 よく見たら、アートだけでなく、建物の作りもユニークです。 ステラ・マッカートニーの屋根(?)が非常…

楊式太極拳

中国人の先生から太極拳を習い始めて、1年が経ちました。 いつの間に?? せっかく中国に住んでいるんだから、中国っぽいことを学びたいと思ったのが、きっかけ。 「二十四式」という基本形を習ってるんですが、まだ全ては学んでません。 今のところ、20型ぐ…

アンティーク家具屋

「木作遠風古典家具厂」(Lasting Style Antique Furniture Factory)へ連れていってもらいました。 順義区の揚鎮小店にあります。 車じゃないと行けない場所で、自分ではたどり着けそうもない場所。 素敵な家具がたくさん。 アンティークではない家具も。 …

やりすぎ

中国語クラスで、すごく使えそうな表現を習いました。 上司がささいなことで、ずっと同僚をとがめています。 あなたは、つぶやきます。 「有点過分…(ヨウディエン・グオフェン)」 ちょっとやりすぎ…。 レンタルバイクが群がる歩道。 歩行者は、かろうじて…

北東花卉(ベイドン・フアーホェイ)

北京首都国際空港から、車で15分ぐらいで行ける花市場。 植物もありますが、家具も売ってます。 もちろん、こういうお皿も売ってます。 こちらのお店の雰囲気が、イイ感じ。 「水道管を使った棚が流行ってるみたい」と友達が教えてくれました。 他にも、観賞…

薬膳スープ

たまに作ります。 骨つきポークリブ、にんじん、大根。 普段は玉ねぎも入れるけど、家になかったから、入れませんでした。 生薬は、3種類。 小さい赤いのは、枸杞(くこ)。 大きい赤いのは、棗(なつめ)。 木のチップに見えるのは、黄耆(おうぎ)。 中国…

功夫伝奇(ゴンフー・チュアンチー)

「紅劇場」で公演している"Chunyi The Legend of Kungfu"を観に行きました。 行きは、タクシー。 最初に声をかけた運転手さんには「この場所、知らない」と言われて、乗車拒否。 2番目に声をかけた運転手さんも、紅劇場は知らない様子でしたが、「幸福大街に…

中山公園(ジョンシャン・ゴンユエン)

地下鉄の天安門西駅で降りて、長蛇の列を並び、保安検査を抜け… 天安門へ。 中をずっと進んで、故宮(紫禁城)のチケット売り場に向かったけど、ふたたび長蛇の列…。 で、左側に見えた「中山公園」という看板につられて、中山公園へ。笑 入園料3元。子供(何…

現存する中国最古のホテル

天津駅から約2kmの場所にあるAstor Hotel(天津利順徳大飯店)。 跡地(と言っても、現在の本館の後ろ側)は、中国の重要文化財。 1863年に建てられたホテルのオリジナル部分。 歴史を感じる、優雅な調度品。 この電話も、当時のものに違いない。 せっかくな…

みかんの皮のプーアル茶

みかんの皮は「陳皮(チェンピー)」と呼ばれ、中医のお薬として使われます。 「桔普茶(ジュープーチャー)」は、陳皮が丸ごと器になって、プーアル茶が入っているお茶。 最近、友達が「手のひらサイズの桔普茶があるよ」と教えてくれました。 なぬ?…手の…

春節(旧正月)の最後のイベント

今日は、元宵節。 英語では、Lantern Festival(ちょうちん祭り)。 「湯圓」というお団子を食べる習慣があります。 日系の居酒屋で晩ごはんを食べたら、湯圓をサービスしてくれました。 甘い胡麻が入ってます。 今夜、外では花火の音が鳴り響いてます。 1年…

初めての冰車(ビンチャー)

地下鉄「什刹海」から、前海の「什刹海滑冰場」へ。 チケット代は、みんな一律に80元/人(祝日料金)でした。 念願の冰車。 2年前の冬から、乗ってみたいと思ってました。 椅子のようなものに座って、ポールを使って滑るのが、冰車。 (ハンドルは、ただの…

この季節が来た。

1年経つと、すっかり忘れます。 ドドドド、ドーン! ドンドンドン、ドドーン! 「戦争が起こった?」というような音で、深夜に外を見ると… 見た目も、戦火。 あっ、そうだった。 昨日は旧正月の大みそか(除夕)でした。 今日から、旧正月の新年です。 春節…

中国のレストランを予約する方法

電話でレストランを予約する時、以前の私はめちゃくちゃ緊張してました。 (最近はちょっと慣れたかな…?いや、そうでもない。) 私のようにシャイな人のお役に立てるかも、ということで、以下に予約の流れをば。 ① お店の人が電話に出たら、「我想予約一張…

中国のレストランで役立つんじゃないかな、という表現

① 中国のレストランでは、白ご飯を注文しても、すぐに持ってきてくれません。 通常、料理を持ってくる順番が、涼菜(冷たい料理)→ 熱菜(温かい料理)→ 湯(スープ)→ 主食(ご飯・麺)となってるから。 おかずと白ご飯を一緒に食べたければ、注文する時に…

薬膳茶

風姿花伝文化交流センターの「冬季養生茶講座」に参加。 水で戻した蓮子(ハスの実)に、黒糖と水を加えて煮込んだもの。 優しい甘さで、これだけでも美味しいけど、ウーロン茶を加えて、蓮子茶に。 蓮子は、消化機能を高めたり、下痢や高血圧に効用があるそ…