読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

life is short the word is great

北京の生活で思うことなどを書き留めています。

王媽手撕烤兎(ワンマーショウスー・カオトゥー)

外食・中食


直訳すると、「ワン母さんが手で裂いた、ローストうさぎ」。



メニュー。



ローストうさぎ。
フレーバーは、五香(中国的なスパイス)と麻辣の2種類。
香ばしくて、イケる!
ビールと合う!!(と言いつつ、コーラを飲む私。)



「冒菜」は、成都の食べ物。
基本の具材に牛肉、レンコン、ほうれんそう等を追加。
重慶の「麻辣燙」と似てるけど、かなり花椒が利いてます。
カラいっす。



「拌麺」を混ぜると、麻辣ソースがからまって、うまい。
けど、カラいっす。



ここら辺にあります。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

春のレストランウィークに便乗

外食・中食

そして、ひなまつりに便乗して、"Toast at the Orchid"で女子会。



胡同のブティックホテル"The Orchid"の2階です。



レストランウィークのランチメニューは、スープ&メインで、1人108元。



パンプキンスープ。
ココナツの風味がしながら、後味はピリ辛。



Shakshukaという料理。
クミン(多分)などのスパイスが利いたトマトソースの上に、ポーチドエッグ。
ライ麦のフラットブレッド添え。
(メニューには、他にも中東っぽい料理あり。)



友達の1人が注文したIron Frittataは、スキレットで作ったオムレツ。
食後に、小さなショウガ入り(多分)のバニラアイスが来ました。



北京レストランウィークは、3/12まで。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

芥子(からし)と山葵(わさび)

miscellaneous

この前、おでん(らしきもの)を作ったんですが、食べる時に「あぁ、カラシがない」と気づきました。
冷蔵庫に入っていたのは、ディジョンマスタードとワサビ。
辛みが欲しいので、どっちも試してみることに。
まずは、洋がらしのディジョンマスタード。
…お酢などが入っていて、辛くもないし、おでんには合わないのでした。



ところが、おでんにワサビを付けて食べたら、カラシのような味。
目をつぶって食べたら、まるでカラシじゃないか!
驚いて、ウィキペディアで調べてみたら、ワサビ(ワサビ - Wikipedia)とカラシ(カラシナ - Wikipedia)には、同じ「グルコシノレート」という辛味成分が入っているそう。
なるほど。



陽がまぶしいようで、頭は日陰に置いてるメスネコちゃん。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

「橋仕料理」という日本料理店

外食・中食

ちょっと前に、亮馬橋エリアにできたお店。
店名の意味がわからないので、「怪しい和食屋」として任命してたんですが、意外に悪くないという噂を聞きました。



ランチタイムのメニュー。
「地獄ラーメ定食」と「豚骨ラーメ定食」。



グランドメニュー。
どもり気味の「鉄板アンがスステーキ」。



豚骨ラーメ定食にしました。
ラーメは、確かに悪くない。
スープがあまり熱くない、麺が柔らかい、というのがマイナス点かな。
(あと、私は九州人なので、豚骨スープはもっと濃いほうが好き。)



風が強くて、寒いけど、空気が澄んだ日。
亮馬河も澄んでいて、年々きれいになっているのを実感します。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

GDP(国内総生産)の話

miscellaneous

最近、妙に忙しくて、週1冊の読書をなんとかキープしてる状態っす。
近々、図書館に行かねば。
そういえば、北京日本倶楽部にも図書館があると聞きました。
いつか見学してみようかな。
(利用するには、会員になる必要があります。図書室について | 北京日本倶楽部



先週、上条勇著『日本を貧しくしないための経済学』を読みました。
いろいろと考えさせられる箇所がありましたが、GDPの話をちょっとご紹介します。


① GDPは、財・サービスを価格で統計して計算。→ 原則として、市場で取引される財・サービスのこと。

② 家庭の主婦の料理サービスは、GDPに含まれない。
レストランの料理サービスは、GDPに含まれる。
→ 主婦が家庭で料理をやめて、家族で外食すればするほど、GDPが増加。

③ 泥棒は、弁護士、警備保障などのサービス、金庫、鍵、警報装備などの財を生む。
→ 泥棒ががんばると、GDPが増加。

④ 企業が自然を破壊して財を生産すればするほど、GDPが増加。


GDPが増えれば豊かな生活になる、と単純には言えませんね…。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

iPhoneの便利な機能

miscellaneous

いろんな機能がありますし、沢山の方がご存知かも知れませんが…。

メール、メッセージ、メモ帳などに入力中、直前に書いた文字を消したければ、iPhoneを振ると、取り消しできます。



例えば、はてなブログのアプリ。
エントリー本文に、life is short the word is greatって書いたけど、こんなの要らんわ〜と思ったら、iPhoneをシェイク。
「キャンセル」ではなく、「取消」を選ぶと、入力が取り消せます。



この機能の素晴らしいのは、削除したものも取り消せるところ。
削除したメールでも、直前の動作だったら、取り消せる、つまり、削除したのが戻ってきます。
この前、標準アプリ「ボイスメモ」の音源を再生しようとしたら、間違って、録音を押してしまいました。
一瞬ゾーッとしましたが、すぐiPhoneを振ったので、録音が取り消せて、オリジナル音源を保てました。
マジ助かった…!
(ちなみに、はてなブログの下書きエントリーは、削除したら、戻りません。)



この機能がむしろ邪魔な方は、iPhone「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「シェイクで取り消し」をオフすると、機能を停止できます。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

いちご

miscellaneous

北京の郊外、順義へ。



白い象のいる赤い門をくぐると…



「緑植餐庁」というレストランがあります。
が、そこには行かず、右折。



廃棄物?



廃墟か?



さらに進むと、現れます。



苺のビニールハウス!
奥に見えるのは、蜂の巣箱。
ミツバチが受粉のお手伝い。



そんなに甘くない苺もあるけど、全てがみずみずしい。



去年は、別の農地だったそう。
農園の方が、5年間は同じ農地を使うと言ってたので、しばらくはこちらで栽培されると思われます。



左が「紅ほっぺ」、右が「章姫」。
日本人が栽培方法を手ほどきした農園らしく、日本の品種が栽培されてます。
入場料なし、その場で食べる分も無料。
お持ち帰りは、1斤(約500g)が35元。(1パックの重さは約1斤でした。)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

マグロの解体ショー

外食・中食



慢走(Sake MANZO)の甜水園店が、正式オープン!



マグロの解体ショーを見ました。



子どもよ、触るんじゃない。



体長160cm(私と同じ。)のマグロが…



こうなった!
新鮮なマグロをいただけて、嬉しいです。



フランス・アメリカ・ニュージーランド産の生ガキに、お花が添えられてます。



生ガキは、酒蒸しになったのだ。美味。



お店のデザインも素敵でした。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

TRIBE 有機餐庁

外食・中食

藍色港湾(SOLANA)に、3店舗目が。



朝陽公園の近くの広場に、シブくたたずんでます。



店内はテーブルやイスが端に置いてあり、広いスペースを確保してます。
(ダンスができそうな広さだから、貸切イベントでも使えそう。)



グリーン。



オーガニックカフェらしく、本物の植物。



キャロットケーキ。
ココナツやクルミ入りで、体に良さそうな食感。



ハンドドリップ・コーヒー。
コーヒーの種類は…
中国語なので、半分ぐらいしか意味が分からない〜。



カードを裏返すと、英語の表記が。
エチオピア・コーヒーか。
主にシトラス系フレーバーのようですが、そんなに酸味は感じなかったです。
(薄めに入れてあったから?)
バリスタの方がコーヒーをいれる時、挽いた豆の匂いを嗅ぎ、蒸らし中の豆の匂いも嗅いでいて、まるで中国茶道みたいでした。
これって、一般的なバリスタの作法なのか、それとも中国茶の作法が混じっているのかな??


1店舗目: TRIBE オーガニック・レストラン - life is short the word is great
2店舗目: TRIBE 麗都店 - life is short the word is great


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

おネコわけ

miscellaneous

日本のお土産を、お福分けしてもらいました。



かわいいネコ箱。



チョコにまで、ネコちゃんが。



あたしと似てるかにゃ?


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

本格寿司のランチ

外食・中食


本格寿司(ベンガー・ショウスー)の朝陽公園店へ。



きれいな店内。



新源里の本店は夜しか営業してませんが、こちらは、お昼も営業していて、ランチセットあり。



セットじゃなくて、特上寿司にしてしまった。
(メニューの写真が美しくて。)



あとで「大衆点評」アプリを確認して、お得なセットの存在に気づくのでした。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

珍しく雪。

miscellaneous

北京の冬はとても寒いのですが、乾燥していて、あまり雪が降りません。



もう春かと思いきや、午後、いきなりの雪。



22時を過ぎても、しんしんと粉雪が。
歩くと、ギュッギュッと気持ちの良い音がします。
主人が雪を触って、曰く:「なんか、ねっとりする。」
まぁ、汚染された空気や水が雪になってるわけだから、ねっとりするのかも知れない。
口に入れてはいけませぬ。



ちょっと分かりにくいかな?
雪がキラキラと光ってます。
きれいだけど、汚染…?


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

唐宮海鮮舫(タンゴン・ハイシエンファン)

外食・中食


飲茶がおいしいお店だと、友達が教えてくれました。



叉焼包(チャーシャオバオ)。
餡がチャーシューで、甘いのです。



立ちレタス。



エビの腸粉(チャンフェン)。
腸粉は米麺ロールのこと。内臓系は入ってません。



赤米の腸粉。



キノコ!



いえ、キノコに見たてた、黒トリュフ入りの中華まん。
すごいな〜、本当にキノコに見える。



海鮮泡飯も、美味なり。
7人で食事したので、他にも、いろんな料理が頼めました。
飲茶は、大人数で食べるのがベストっすね。



唐宮海鮮舫(麗都店): 将台路6号麗都皇冠假日酒店(クラウンプラザ)の3階。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

三好学生って、誰?

中国の今


中国語の教科書に出てきた「三好学生(サンハオ・シュエシャン)」。
同級生のミヨシくん、ミヨシさん?!
…ではなくて、3つのことがグッドな学生・生徒のこと。
その3点とは、「思想品徳」(道徳心)、「学習」、「身体」。
三好学生は、先生が選んだり、先生がクラスのみんなと話し合って決めたりするそう。
あと、履歴書に三好学生だったことを書ける、と私の中国語の先生が言ってました。
(日本の生徒会長みたいな感じですね。)



ちょっと、ネットで検索。
三好学生_百度百科

優秀な生徒の称号である「三好学生」は、1954年に開始。
2012年、「三好学生」は腐敗につながるため、廃止すべきという提案があがりました。
教師が生徒に贈り物をさせて、贈り物の量で生徒を評価し、保護者が贈り物代を捻出しなければならないケースがあったからです。
提案書には「生徒たちに投票させても、自分の選出率が高まるように、わざと選ばれなさそうな生徒に投票する者もいれば、友達と同盟を組んで、お互いに投票しあう者もいる。→ 社会的な腐敗が生徒の心を蝕んでいる。」という趣旨も。
中国の教育部(日本の文科省みたいな機関)は、三好学生は生徒を鼓舞する1種の形式にすぎず、続けるかどうかは各学校の判断に任せる、と回答しました。



当時81歳の沈鵬氏が、廃止を提案しました。
沈氏は、書道家などの肩書きを持つ著名人。
ご自分の孫やひ孫の状況がひどかったのか、長い間思うところがあったのか。
いずれにせよ、学校における腐敗を本当に懸念したんだと思います。
市井の声は、なかなか当局に届かないものですが、著名人の言葉は、影響力があり、社会を変える可能性を秘めています。
(だから、有名人は、自分の言葉に責任を持ってほしい。)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

旬鮮本舗(シュンシエン・ベンプー)

外食・中食


日本料理らしい門構え。



大通り「順源街」をはさんで、三源里菜市場の向かい側。
ちょっと行って、右手。



平日のランチセット。
「旬鮮本舗」は、北海道料理の「久賀」と同じ系列だそう。
久賀で人気のスープカレーもある!



えのき牛肉巻き定食。
すき焼きの割り下のような甘いソースです。
(個人的には、もう少し塩っぱいほうが好き。)
卵が半熟で来てギョッとしましたが、鉄板の上で調理されていきます(し、日本人オーナーだから、きっと安全そうな「蘭皇」か「伊勢卵」を使ってるはず。きっと…)。



定食に付いてきた茶碗蒸し、かぼちゃの煮物、サラダ、ヨーグルト。
ヨーグルトが異常においしかったです。←体が欲してた?
ご飯とお味噌汁も付いてきて、お腹いっぱい。
これで58元は、お得だと思います。



昨日の北京は空気がきれいで、まだ寒いけど、なんとなく春の香りがしました。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村